恩送りとギフト経済


「恩送り」


「恩返し」とは違います。

「恩返し」はいつくしんでくださった方「ご本人」に、直接「恩」を返すこと。


「恩送り」は、

「誰かから受けた恩を、自分は別の人に送る。

そしてその送られた人がさらに別の人に渡す。

そうして「恩」が世の中をぐるぐる回っていくこと。」


江戸時代までの日本ではごく当たり前のことだったようです。


c0303551_10465852.jpg




この「恩送り」を

もっと具体的に毎日できないかな~と、考えてたら・・

ギフト経済なんですよね。


「未来食堂」の「小林せかいさん」とか、

そういう発想なんでしょうね。


未来型経済活動。


今の貨幣通貨だって、

100年後にあるかどうかわからないですものね。


c0303551_11375191.jpg

ペイフォワード自体はもう15年以上前から、

やらなきゃいけない哲学だとは思ってましたが、


ここ数年「ギフト経済」は本当に実践してみたい課題の一つになってました。


考えすぎて、

更新もできないぐらい、

お勉強していました。


うむギフトエコノミーか・・。


誰も剥奪しない経済。

自分の余過剰を、
みんなで振舞い合う。

あったかくていいな。


物資も、人間の感情も同じ。

誰かが独占して嫉妬したりするんじゃなくて、
生きとし生けるもの全ての人が、
いろんな感情をシェアできたらいいな。

人間の争いは、
所有と貯蓄という考えができたことによって、
暴力が生まれたといいます。

所有ではなくて共有、
貯蓄じゃなくて分配。

そんな経済が出来たらいいのにな。

まずは自分から第一歩だね。

具体的に頑張ります。
よいお披露目が秋までには出来たらいいな。

有言実行あるのみ・・・・なのです。

c0303551_09174137.jpg













「不思議な図書館」では異端文学やゴシック、サブカルチャーの大好きなあなた様のための、

秘密の大人の隠れ家の「書斎カフェ」でございます。


マニアックな図書係りが選んだ本と、

日本、海外のたくさんのDOLLに囲まれています。


SDなどDOLLの持ち込みでの撮影大歓迎です。
ボークス、海外キャストドールにブライスにプーリップなんでもありです。


撮影などにご自由に館内をお使い下さいませ。

また、クリエイターさんの活動を応援しています。
お茶席での制作活動、お針子作業、スケッチなど、ご自由にお使いくださいませ。


もちろん、お仕事、お勉強、宿題、なんでもどうぞ!

事前に御予約のお客様を優先でのお席のご案内のため、
特に3名様、4名様などのグループ様は御予約必須でございます。

お手数ですがお電話での事前のご連絡をお待ちしております。
(こちらのコメント欄でもご相談など大丈夫です)
お気軽にご相談くださいませね♪

定休日は日曜日・月曜日(各芸術関係へのイベント参加のため各地に飛びます♪)
火曜日~土曜日まで、11:00~20:00まで営業中!!

 
京都の大山崎の不思議な図書館 
↓↓↓大人の隠れ家「書斎カフェ」のSecret Guardian Ⅱ↓↓↓

「書斎カフェ」シークレットガーディアンⅡ公式HP  
↑↑↑のんびりまったり、遊びに来てくださいね↑↑↑




[PR]
by secretguardian2 | 2017-04-12 11:16 | Comments(4)
Commented by 古時計 at 2017-04-18 19:25 x
他者に対して恩を返し恩を送る、そういう人間は人と人との間が凄くいい距離感。
恩送りとても良き言葉ですね。
Commented by secretguardian2 at 2017-04-19 20:36
古時計さんへ

コメントありがとうございます。

恩返しと、恩送り。

そういう当たり前のことを、
普通にできる日常の延長線上にあるカフェ・・・を
考えてたら、
すごく考えすぎてしまいました。

素敵なことしたいです。

コメントありがとうございます。
Commented by dr.navimhrhs08 at 2017-04-26 22:53 x
送る事も、受けとる事も相手を大切に思う気持ちから生まれるのですね。見返りや、50:50を望むことなく、お互いが素直な気持ちで接することが出来れば、今の忙しい世界でも、心豊かさを感じて生きて行けるように思います。
Commented by secretguardian2 at 2017-04-27 11:06
dr.navimhrhs08さんへ

好きなことを好きなように楽しんだら、
結果として、
誰かのお役に立ってた・・・なんて素敵ですよね。

善良な気持ちでさえいたら、
自由に楽しんでるだけでも、
善行になってる気がします。

逆に、
いくら良い行いをしても、
その心の中に邪悪なものや、
下心や見返りを強く求める人は、
何か恐ろしいものを感じます。

お気楽に、
自分が良いと思うことを、
自分のペースで楽しくしたら、
それが一番のみんなへの愛情になってる気がします。

まず自分が楽しんで幸せになってくださいね♪
<< 「腐る経済」とひたすら映画 雨が好き wet wet wet >>